ペット保険 避妊

ペット保険で避妊手術は適用されないの?

人間の世界では去勢や避妊するための手術は一般的ではありませんが、ペットの世界では様々な病気をひきおこしたり、長生きしてもらうために健康なうちから去勢や避妊の手術をすることが多いようです。

 

前述で去勢については少しお話をしていますので、今回は避妊について焦点を合わせてご紹介したいと思います。

 

 

避妊手術については動物病院の獣医はもちろん、ほとんどの飼い主の多くが希望していますが、避妊手術についても自然の摂理から反するという団体などもあり賛否両論のようです。

 

しかし、犬や猫がたくさん子供を産んで、その後も責任を持って生涯面倒を見ることが出来るのであれば避妊手術論者の意見をあえて反対しようとは思いませんが、街角で捨て犬や捨て猫を見ると現代では避妊手術は必要不可欠なのかもしれませんね。

 

 

避妊手術は動物病院によって多少金額が変わりますが、猫が2万円程度で犬は3万円程度費用がかかるようです。

 

決して安い手術費用ではありませんが、犬や猫などのペットを家族として迎えた側の義務としては仕方のない出費ですね。

 

 

この出費をペット保険で少しでもカバー出来ると、お財布にもやさしいのですがアニコムなどの有名どころの保険会社では健康体に施す避妊手術については適用外ですが、ぺティーナやペット保険ねっとなどの小さめの保険会社は避妊手術費用の割引制度など、あらゆるサービスを自分専用に追加することができます。

 

ただし、小さい保険会社は倒産してしまう可能性もありますので、その部分については十分注意して申込みをするようにしましょう。

ペット保険の総合情報

<スポンサードリンク>

ペット保険で避妊手術は適用されないの?関連ページ

避妊・去勢手術は適用範囲?
ペット保険 避妊・去勢手術は保険の適用範囲か解説します。対応している保険会社としていない保険会社がありますので注意が必要です。
持病がある場合
ペット保険 持病があっても保険に入れるかについて解説します。
誤飲は適用範囲?
ペットの事故の中で一番多い誤飲は適用範囲になるか解説します。
予防接種は適用範囲?
ワクチンなどの予防接種はペット保険の適用範囲か?について解説します。基本的には適用範囲外のところが多いですが。。。
ペット保険で抜歯は適用されるの?
ペットも人間と同じように体調が悪くなることもありますが、ペットには健康保険はありませんので、ペット保険が手助けとなります。抜歯をしたい場合には、保険対象となるものとならないものがあるので確認が必要です。
アレルギー検査は適用されるの?
ペットも人間と同じようにアレルギーがあります。大きさにもよりますが、家で飼える程度の動物は、免疫力が弱いものが多いといわれています。アレルギーの原因を調べる検査にペット保険が適用されないので注意が必要です。
ペット保険で外耳炎は適用されるの?
犬や猫といったペットなどは、耳に関する病気が多いと言われています。なかでも外耳炎が多いようですが、ほとんどのペット保険では耳の病気の保険請求は厳しいようです。
フィラリアワクチンは適用されるの?
ペットとして犬を飼っていると特に心配なのがフィラリア症だといわれているようですが、その感染を予防するのがフィラリアワクチンです。フィラリアワクチンは予防接種になるので、ペット保険では適用になりません。
ペット保険で白内障手術は適用されるの?
人間は50代を過ぎると老眼が進み白内障になってしまうことが多いのですが、ペットも同じように年齢を重ねると白内障になってしまいます。基本的にペット保険では白内障の手術は対象になるようです。
ヘルニア治療は適用される?
ヘルニアは犬に多いといわれ、後天性よりも先天的にヘルニアを持っている場合が多いようです。ペット保険では、後天的に事故などの外傷からくるヘルニアについては適用されます。
ワクチン補助を受けられる会社を教えて!
犬も猫も必ず毎年接種しなければならないワクチンですが、最近では特約でワクチン補助を受けられるペット保険が増えてきました。ただ、特約を付けると保険料の負担が割高になってしまいます。
高度なレントゲン検査料も適用されるの?
ペット保険のほとんどの会社では、従来のレントゲンやCT、MRIなどといった高度なレントゲンでも保険が適用されますが、健康診断などでレントゲンを撮ったような場合は、適用外となりますので注意が必要です。