ペット保険 2つ加入

ペット保険を2つ加入することはできるの?

2008年にペット保険に関する規制がされた事で、随分ペット保険を行なっている会社は減りましたが、全ての保険のパンフレットを見てみると、どれもそれぞれ特徴があり、「この部分はA社がいいんだけど、この部分はB社なのよね。」と迷われる方も多いのではないでしょうか?

 

そういった場合に2つペット保険を加入するという裏技があるのをご存知でしょうか?

 

 

ペット保険は複数加入することはできますが、それぞれの申込み欄に『他社で加入しているペット保険について』という記入欄があります。

 

ここには正直に、もう一つ加入している保険会社の名前を記載しましょう。

 

もし、既に1社は契約済で新たに1社加入しようとされている方は既に加入している保険会社に電話し、「ペット保険を2つ加入した。」旨の連絡をしましょう。

 

 

2つ加入している方に多い勘違いの1つに、保険適用の手術を受けて、その保険金が満額2社から入ると思われている方も多いようですが、そういった事はありません。

 

加入している2つのペット保険会社で話し合って割合を決めます

 

この割合によって保険金をおりるので、2つ加入していても支払われる金額は同じなのです。

 

ただし、A社にはない特約がB社にある場合はB社より支払いが行なわれますので安心してくださいね。

 

 

ここで2つペット保険に加入するにあたっての注意点をご紹介します。

 

まず、ペット保険1社であれば、ペット保険と連携している動物病院での支払いは、窓口で請求される段階で保険を使った金額を請求されていましたが、2つペット保険に加入している場合は、窓口で一旦全額支払う必要があり、後日ペット保険に保険金請求をするので少し面倒ですね。

 

 

また、ペット保険を2つ加入することで、保険金を多めにもらいたい気持ちで、申込書に他社に加入している旨の告知や連絡をしていないと、保険金詐欺として保険金が支払われなかったり、強制解約されることもありますので注意しましょう。

 

うっかり連絡を忘れていたという理由も通用しない可能性も高いので、十分注意が必要ですね。

ペット保険の総合情報

<スポンサードリンク>

ペット保険を2つ加入することはできるの?関連ページ

加入年齢に制限はあるの?
ペット保険の加入年齢に制限はあるのか解説します。各ペット保険会社によっていろいろなので、加入前に確認が必要です。
窓口精算はできるの?
ペット保険 動物病院での窓口精算はできるのか解説します。最近では、窓口精算出来る保険が増えてきています。
加入時、告知義務はあるの?
ペット保険 新規加入の際の告知義務はあるのか解説します。基本的には人間と同じで病歴などの告知義務があります。
賠償責任特約は加入すべき?
ペット保険 賠償責任特約は加入しておいたほうがいいか解説します。
通院1日あたりの補償
ペット保険に通院1日あたりの補償はあるかについて解説します。大体多くの保険では、1日当たり5000円程度の補償が付くものが多いです。
鳥でも保険に加入できる?
鳥でも加入できるペット保険についての情報を掲載しています。
ペット保険に爬虫類は入れるの?
最近では「金運が上がる」「開運効果に良い!」などで雑誌に取り上げられてから、若い女性でも爬虫類をペットして飼っている方も多くなりました。ペット保険でも爬虫類がOKの会社もあるようです。
ペット保険にリクガメは加入できるの?
リクガメは亀の一種で、とても大きくあまり病気などにもなりにくいことからペットして飼う方も少なくありません。リクガメは爬虫類の一種ですから、通常であればペット保険に加入は可能です。
ペット保険にリスは加入できるの?
リスはとても小さな動物で、病気になりやすいので、動物病院に行く頻度も高くなってしまうのが難点です。そこでカバーしてくれるのがペット保険なのですが、リスが加入できるペット保険は『日本アニマル倶楽部 PRISM』しかありません。
加入に血統書を提出しなくちゃいけない?
ペット保険で必要な書類を見ると「血統書」と書いているので、「雑種だからペット保険には入れない」と勘違いされている方も多いようですが、雑種でもペット保険に加入することができます。
ペット保険の免責事由ってどういう意味?
特に約款の中で注意して見て頂きたいのが免責事由です。この免責事由というのは、「保険金は支払わない理由」という意味ですから、保険会社によって保険金が出ない病気やケガなどもありますので確認しておきましょう。
ペット保険は年末調整で控除は出来る?
ペットを飼われている方にとってペットは人間同様、家族の一員ですから、ペット保険も生命保険の一部と思っている方も多いようですが、ペットはあくまで物扱いとされているため、損害保険の扱いとなっています。