ペット保険 加入年齢

ペット保険 加入年齢に制限はあるの?

ペット保険に新規加入するためには色々と条件があります。

 

特に加入年齢は一番大きなポイントですね。

 

どの年齢まで新規加入が可能かは各ペット保険会社によって異なりますが、大手何社かを調べてみると、短いところで9歳未満、長いところで13歳未満までというところが多いようです。

 

加入してしまえば後は継続契約で終身補償となるプランがほとんどですので、もちろん13歳を超えても補償は続きますが、月々の保険料は加齢に伴って上がっていくところがほとんどのようですね。

 

 

小型犬、大型犬、猫などペットの種類によって加入年齢が異なる保険会社もありますので確認が必要です

 

 

動物の年齢は人と比較すると約4倍の速さで成長してくなどとよく言われますよね。

 

特に犬などは小型犬、中型犬、大型犬でそれぞれ年齢も寿命も異なると言います。

 

最近はペットの健康バランスを考えた食事なども販売されるようになり、非常に長寿になってきました。

 

犬も猫も生まれて1年半で人間で言えば20歳くらい、5年で犬は人間で言えば36歳から40歳、猫は35歳前後になりますから、5歳くらいからはいろいろな成人病に注意してあげる必要があります。

 

 

小さい時には走り回ったり好奇心によるケガが多いですが、年齢を重ねて病気が増えてくると、動物病院にかかっても通院が長く続いたり、入院が多くなったりしがちですよね。

 

大切な家族ですから費用のことばかりに気を取られたくはありませんが、そうは言っても経済面での計算は必要です。

 

いつでも安心して病院に連れていける心強いバックアップが欲しいですよね。

ペット保険の総合情報

<スポンサードリンク>

ペット保険 加入年齢に制限はあるの?関連ページ

窓口精算はできるの?
ペット保険 動物病院での窓口精算はできるのか解説します。最近では、窓口精算出来る保険が増えてきています。
加入時、告知義務はあるの?
ペット保険 新規加入の際の告知義務はあるのか解説します。基本的には人間と同じで病歴などの告知義務があります。
賠償責任特約は加入すべき?
ペット保険 賠償責任特約は加入しておいたほうがいいか解説します。
通院1日あたりの補償
ペット保険に通院1日あたりの補償はあるかについて解説します。大体多くの保険では、1日当たり5000円程度の補償が付くものが多いです。
鳥でも保険に加入できる?
鳥でも加入できるペット保険についての情報を掲載しています。
ペット保険に爬虫類は入れるの?
最近では「金運が上がる」「開運効果に良い!」などで雑誌に取り上げられてから、若い女性でも爬虫類をペットして飼っている方も多くなりました。ペット保険でも爬虫類がOKの会社もあるようです。
ペット保険にリクガメは加入できるの?
リクガメは亀の一種で、とても大きくあまり病気などにもなりにくいことからペットして飼う方も少なくありません。リクガメは爬虫類の一種ですから、通常であればペット保険に加入は可能です。
ペット保険にリスは加入できるの?
リスはとても小さな動物で、病気になりやすいので、動物病院に行く頻度も高くなってしまうのが難点です。そこでカバーしてくれるのがペット保険なのですが、リスが加入できるペット保険は『日本アニマル倶楽部 PRISM』しかありません。
加入に血統書を提出しなくちゃいけない?
ペット保険で必要な書類を見ると「血統書」と書いているので、「雑種だからペット保険には入れない」と勘違いされている方も多いようですが、雑種でもペット保険に加入することができます。
ペット保険の免責事由ってどういう意味?
特に約款の中で注意して見て頂きたいのが免責事由です。この免責事由というのは、「保険金は支払わない理由」という意味ですから、保険会社によって保険金が出ない病気やケガなどもありますので確認しておきましょう。
ペット保険は年末調整で控除は出来る?
ペットを飼われている方にとってペットは人間同様、家族の一員ですから、ペット保険も生命保険の一部と思っている方も多いようですが、ペットはあくまで物扱いとされているため、損害保険の扱いとなっています。
ペット保険を2つ加入することはできるの?
ペット保険は複数加入することはできますが、それぞれの申込み欄に『他社で加入しているペット保険について』という記入欄がありますので、ここには正直に、もう一つ加入している保険会社の名前を記載しましょう。