ペット保険 賠償責任特約

ペット保険 賠償責任特約は加入しておいたほうがいい?

ペット保険というと、まず思い浮かべるのは大切なペットがケガをしたり病気になった時に動物病院にかかった時の費用を補償するためと考えるでしょう。

 

しかしながら、場合によっては大事なペットが被害者ではなく加害者となってしまうケースも考えられるのです。

 

 

例えば、飼っている犬が誰かに噛み付いてケガをさせてしまった、もしくは他人のペットにケガをさせてしまったといった場合。

 

もしくは、来客の荷物や靴などをかじったり引っ掻いたりして損壊してしまったり、出掛けた先やショップで何かを物を壊してしまったといった場合。

 

ペットが小型であろうと鳥であろうと、こういった加害者になる可能性はどんなに気を付けていても無くせないものです。

 

 

こういった時の賠償責任を補償してくれるというのが、ペット保険の主契約に付帯出来るオプション契約や特約による賠償責任特約です。

 

保険料は、月々支払う料金に100円から150円程度のプラスで付帯可能なプランが多いようですね。

 

驚くような金額ではありませんので、安心のために付帯しておくほうが良い選択かもしれません。

 

ペット保険会社大手であればほとんどの会社でプランを持っています。

 

 

ただ、こういった倍賞はあくまでも「他人」に対する賠償を対象としていますので、飼い主の家族親族はもちろん、自分の所有する家財への損害は当然ながら対象にはなりません。

 

悪意があれば自分で損壊した物品をペットのせいにして保険金を請求出来てしまいますから、対象外なのは当然と言えば当然ですね。

 

どこまでが賠償範囲となるかは契約時に保険会社へ確認しておきましょう。

ペット保険の総合情報

<スポンサードリンク>

ペット保険 賠償責任特約は加入しておいたほうがいい?関連ページ

加入年齢に制限はあるの?
ペット保険の加入年齢に制限はあるのか解説します。各ペット保険会社によっていろいろなので、加入前に確認が必要です。
窓口精算はできるの?
ペット保険 動物病院での窓口精算はできるのか解説します。最近では、窓口精算出来る保険が増えてきています。
加入時、告知義務はあるの?
ペット保険 新規加入の際の告知義務はあるのか解説します。基本的には人間と同じで病歴などの告知義務があります。
通院1日あたりの補償
ペット保険に通院1日あたりの補償はあるかについて解説します。大体多くの保険では、1日当たり5000円程度の補償が付くものが多いです。
鳥でも保険に加入できる?
鳥でも加入できるペット保険についての情報を掲載しています。
ペット保険に爬虫類は入れるの?
最近では「金運が上がる」「開運効果に良い!」などで雑誌に取り上げられてから、若い女性でも爬虫類をペットして飼っている方も多くなりました。ペット保険でも爬虫類がOKの会社もあるようです。
ペット保険にリクガメは加入できるの?
リクガメは亀の一種で、とても大きくあまり病気などにもなりにくいことからペットして飼う方も少なくありません。リクガメは爬虫類の一種ですから、通常であればペット保険に加入は可能です。
ペット保険にリスは加入できるの?
リスはとても小さな動物で、病気になりやすいので、動物病院に行く頻度も高くなってしまうのが難点です。そこでカバーしてくれるのがペット保険なのですが、リスが加入できるペット保険は『日本アニマル倶楽部 PRISM』しかありません。
加入に血統書を提出しなくちゃいけない?
ペット保険で必要な書類を見ると「血統書」と書いているので、「雑種だからペット保険には入れない」と勘違いされている方も多いようですが、雑種でもペット保険に加入することができます。
ペット保険の免責事由ってどういう意味?
特に約款の中で注意して見て頂きたいのが免責事由です。この免責事由というのは、「保険金は支払わない理由」という意味ですから、保険会社によって保険金が出ない病気やケガなどもありますので確認しておきましょう。
ペット保険は年末調整で控除は出来る?
ペットを飼われている方にとってペットは人間同様、家族の一員ですから、ペット保険も生命保険の一部と思っている方も多いようですが、ペットはあくまで物扱いとされているため、損害保険の扱いとなっています。
ペット保険を2つ加入することはできるの?
ペット保険は複数加入することはできますが、それぞれの申込み欄に『他社で加入しているペット保険について』という記入欄がありますので、ここには正直に、もう一つ加入している保険会社の名前を記載しましょう。